紅 鮭吉

 鮭吉(べに しゃけきち、1986年-)本名は非公表。生年月日に関しても年しか公表されていない。生まれは宮城だが、住んでいる期間が長い静岡県磐田市を出身地としている。塾講師。情報工学修士。身長170cm体重44kgNomadshareプロジェクト所属。血液型はO型。左利き


略歴

1986年、宮城県宮城郡で生まれる。5歳まで神奈川県横浜市に在住。幼稚園の頃、ヤマハ音楽教室に通う。小学校入学と同時に、静岡県磐田市へ転居。6歳からエレクトーンを始める。サッカークラブに所属。ゲーマーであり、当時はゲームデザイナーを目指していた。小学校時代は、Macintosh ClassicWindows 95を使用。高校時代は巨大掲示板サイト2chのニュース速報(VIP)をよく閲覧していた。当時の使用PCWindows 98 Second Editionであった。大学時代は、情報工学を専攻。マスコミ系サークルに所属し、雑誌・新聞・ラジオ番組などを製作。また、Janne Da Arcに影響を受け、ベース、ギターを始め、学外でバンド活動をしていた。SEGA3年間、TAITOで2年間、ゲームセンターでアルバイトを経験。家庭教師として大学受験生に教えていた時期もある。20083月、日本国内株式投資、同年5月頃、FX(外国為替証拠金取引)を開始。大学入学時よりWindows XP Professionalを使用していたが、200812月よりWindows 7 Home Premiumを使用。20113月、Twitterを通して出身が同じのToshiと出会う[1]。大学院卒業後、インドネシア国内を約1ヶ月掛けてiPadを携え周回。同年4月より日本でToshiとミーティングを重ねNomadshareプロジェクト構想を練った後、同年9月にToshiと共にフィリピンのマニラへ渡り、Nomadshareマニラ支部を創設する。同年11月、中華人民共和国広東省深セン市および香港で生活する。同年12月、Nomadshareマニラ支部に帰還。この頃、Toshiの友人であるユタNomadshareプロジェクトのメンバーに加わり3人で生活を始める。2012年春、タイに潜伏。一旦、日本に帰国し、ひきこもった後、再びタイを訪れNomadshareバンコク支部を創設。編集・Webデザイナーを経て、帰国後、塾講師をしながら日本語教師養成420時間講座を修了。Windowsを捨て、再びMacに乗り換える。2013年、日本の冬回避のため、温暖な国々をメインに2度目のアジア巡回。



人物

穏やかでマイペースな性格である。「早起きは三文の損」と言うほど、早起きが嫌いで苦手[2]で基本的に目覚まし時計を利用しない。ただし、日曜日の朝(ニチアサ)は仮面ライダーとプリキュアを見るために起き、Twitterで実況していた。日本にいるときは、テレビ実況をTwitterでしている時が多い。極度のネット依存症で日々、ネットパトロールをするのが任務。また、暑いときは、コーラばかり飲み、寒いときは、ウイスキーを飲んでいる。ラーメンを食べ歩いては、たまに、テリ焼きバーガーを好んで食べている。



参考文献

[1] しゃけきち Twilog  http://twilog.org/syakekichi/date-110308

[2] しゃけきち Twilog  http://twilog.org/syakekichi/date-110216


外部リンク

ニートしゃけの日記

Twitter - syakekichi

Nomadshare

Last.fm